スムージーダイエット

スムージーとは?

最近よく聞く言葉に、スムージーというものがありますが、これは、凍らせた果物、
野菜をシャーベットにして飲むというもので、最近話題です。

 

なぜ、話題なのかというと、様々な果物や野菜をミキサーで砕いてジュース状にして飲むのですから、
無添加で野菜や果物の栄養満点で、朝に飲むことで、置き換えダイエットに繋がり、
女性を中心に注目されているということです。

 

この状態に牛乳やアイスクリームを入れても、とても美味しいですし、
甘味が足りない場合は、ガムシロップや蜂蜜を入れれば、
甘味が出て、とても美味しくなります。

 

作り方は簡単で、あらかじめ小さく切ったフルーツや野菜を冷凍庫で
凍らせておいて、それをミキサーにかけてジュースとともに入れて飲むだけ、
これだけなので、朝の忙しい時も、しっかりと野菜や果物の栄養価を
取ることが出来るので便利です。

 

口の広いコップに入れて、カットフルーツ等を添えれば、
どこなのレストランのデザートに早変わりです。

 

これならば、小さいお子様でも十分作れますし、
親子で朝から朝食作りをしてみるというのも、ちょっとした楽しい体験になるでしょう。
昔からあるようなシェイクに似ていますが、これはほとんどの場合が1種類なのに対し、
スムージーは様々な種類の食材が入っているので、健康にも美容にもいいのですね。
名前からしても、とても健康的な感じがしますし、忙しい朝に、是非1杯作ってみてはどうですか?

 

余ってしまった野菜を使い切ることで、腐らせることもなく、
経済的にもお財布に優しいスムージーの素晴らしさを体験してみてください。

 

おいしいグリーンスムージーの作り方

 

ダイエット効果が望めるグリーンスムージーは、
今注目されている置き換えダイエットに持ってこいなのですが、
これを自宅で手軽に作ることが出来るのです。
1日1リットルのスムージーを飲むのが理想であるとされていますが、
何よりも野菜や果物を丸ごと使う為、酸化しにくく、
水筒等に入れて持ち歩きが出来るので、
どんな場所でも手軽に摂取が出来るという魅力があります。

 

では、具体的にはどんな風に作ればいいのかというと、ほうれん草スムージーの場合、
バナナ・みかん・りんご・ほうれん草・水といった材料で、主に果物が多いので、とても飲みやすいと言えます。

 

この食材を一度凍らせて、ミキサーをオンすると、シャーベットの食感が楽しめて、
それでいて痩せることが出来るので、まさにダイエット食にピッタリです。
又、トロピカルスムージーは、パイナップルとグレープフルーツ、バナナ、モロヘイヤ、
水で作ったジュースで、50秒程ミキサーで混ぜて出来上がりです。

 

これはあくまでも例なのですが、旬の野菜等、自分のこだわりで選んだものをミックスすれば、
自分だけのスムージーが作れますから、それもまた、面白いですよね。

ここで注意が必要なのですが、でんぷん質の野菜は、果物との相性が歩く、
体の中にガスが溜まりやすいので、あまり選ばないようにすることが大切です。

 

例えば、ニンジンやブロッコリー、カボチャ、おくら、トウモロコシ、おくらといった野菜は
あまり果物と相性が良くないので、選ばないようにしましょう。